リエゾンサービス

骨粗鬆症リエゾンサービスの取組みについて

一般社団法人日本骨粗鬆症学会では骨粗鬆症治療におけるリエゾンサービスの普及を目的に、骨粗鬆症の診療支援サービスに関わっていただく医療職の方を対象にした教育プログラムを策定し、普及・推進をすすめています。レクチャーコースの内容は骨粗鬆症の総論から診断・治療にわたる、基本的な内容を中心としています。
「骨粗鬆症マネージャーレクチャーコース(リエゾンサービス)」は第1回目を2012年9月に新潟において開催し、その後開催を重ねてきています。
この事業では、地域の骨粗鬆症治療においてリーダーシップを発揮される方が増え、より実効性のある骨粗鬆症の予防と治療の普及につながることを期待しており、2014年10月より認定試験を実施しています。

リエゾンサービスとは

リエゾンとは「連絡係」と訳され、診療におけるコーディネーターの役割を意味します。その目的は、最初の骨折への対応および骨折リスク評価と、新たな骨折の防止、また最初の脆弱性骨折の予防であり、サービスの提供対象は大腿骨近位部骨折例、その他の脆弱性骨折例、骨折リスクの高い例や転倒リスクの高い例、高齢者一般です。すでに英国、豪州、カナダではこのようなサービスが実施され、多職種連携による骨折抑制を推進するコーディネーターの活動によって、骨折発生率が低下し、トータルでは医療費も少なくて済むことが報告されています。

骨粗鬆症マネージャー(リエゾンサービス)の取組について

※「骨粗鬆症マネージャー」「骨粗鬆症リエゾンサービス」およびOLSロゴマークは一般社団法人日本骨粗鬆症学会の登録商標です。

骨粗鬆症リエゾンサービス学会公式参考図書

当学会骨粗鬆症リエゾンサービス委員会の委員長監修、ワーキンググループ編集の学会公式参考図書「わかる!できる!骨粗鬆症リエゾンサービス(改訂版)」が医薬ジャーナル社より発刊されています。骨粗鬆症リエゾンサービスの理解を深めたい方は参考にして下さい。

骨粗鬆症マネージャーレクチャーコース開催概要

第10回
開催日2017年3月12日(日)
開催時刻12:30~16:00
開催地(会場)東京 (明治大学駿河台キャンパス リバティーホール)
定員460名
参加資格保健師、助産師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、社会福祉士、介護福祉士、その他医療に関する国家資格を有するメディカルスタッフ
受講費日本骨粗鬆症学会会員の場合:3,000円、非会員の場合:10,000円
申込み受付期間2017年1月10日12時~2017年2月20日12時
  
参加登録はこちら
定員に達した時点で受付は終了します。
定員に達しましたので、登録受付は締切りました。
当日参加は受付をいたしません。
次回第11回骨粗鬆症マネージャーレクチャーコースは2017年10月22日(日)に
大阪国際会議場で開催を予定しています。

なお、第4回骨粗鬆症マネージャー認定申請は2017年8月頃、試験は2017年11月~12月に予定しています。
詳細が決まりましたらホームページに掲載します。
本年より日本骨粗鬆症学会学術集会の参加歴が認定申請の必須要件となりますのでご注意下さい。
骨粗鬆症マネージャー制度 認定申請・試験について
ご案内/プログラム
第9回
2016年10月8日(土) 仙台
第8回
2016年3月13日(日) 東京
第7回
2015年9月19日(土) 広島
第6回
2015年3月15日(日) 東京
第5回
2014年10月25日(土) 東京
第4回
2014年3月9日(日) 東京
第3回
2013年10月13日(日) 大阪
第2回
2013年3月9日(土) 東京
第1回
2012年9月29日(土) 新潟
開催報告